モノづくり

進化する「巻線」「精密樹脂成形」技術で
クルマの未来を支える、変えていく。

浜名湖電装の「コア技術」

Technology1巻線技術

線速28m/秒を誇る「高速整列巻」は
業界トップレベルの技術

浜名湖電装の主力であるソレノイド製品の品質を支えるのが、コイルの「巻線技術」です。当社が開発した巻線機による「高速整列巻」は、線速28m/秒のハイスピードで美しい整列巻を同時に実現できる世界トップレベルの技術です。この技術により生産設備のコストダウン、完全整列巻による品質の安定でコイル製品の競争力を確保しています。今後も技術開発を進め、さらなるレベルアップを目指します。

Technology1 巻線技術 Technology1 巻線技術

Technology2精密樹脂成形技術

巻線技術と生産ラインを飛躍的に向上させた「精密樹脂成形」技術

小型でより高性能な製品の開発には、もうひとつのコア技術「精密樹脂成形技術」も欠かせません。当社では、精密樹脂成形の要となる「金型」づくりを内製化。コイルの「高速整列巻」も金型部品への独自の加工技術があって、はじめて実現できました。
またコイル製品やセンサ部品類を樹脂で一体化させ、ひとつのライン内で最終製品までつくり上げる一貫生産体制も、精密樹脂成形技術があるからこそ。今後は、精密樹脂成形の生産スピードを高める「ハイサイクル成形」にも注力。“1個流し生産”を目標にして、コストダウンを図っていきます。

用語解説:1個流し生産

大量生産ではなく工程ごとに1つずつ流す方式。在庫や時間のムダを省き、不良の発見がしやすく、カイゼンにもつながります。

Technology2 樹脂成形技術 Technology2 樹脂成形技術

浜名湖電装のモノづくりを
進化させる「生産技術」

生産技術

浜名湖電装の70年にわたるモノづくりの原点が「一貫生産体制」です。創業製品のホーンは、設計・試作から部品加工、生産設備の開発、組付けまでの全工程を社内で行っています。一貫生産のメリットは、部品コストなどの社会要因に影響されにくく、高品質・低価格の製品を安定して供給できること。ソレノイドなど他の製品でも、生産設備の自社開発、主要部品の内製化を進め、顧客ニーズに応えています。
このように、製品の高いQCD(品質、コスト、納期)の要求を実現する「生産技術」は、当社の要のひとつ。柔軟かつ実用的な技術への評価は高く、デンソーグループで毎年受賞歴を誇るほど。「現状に満足せず、新しく面白く、喜ばれることを」の想いを持ち、世界トップクラスの製品力を磨き上げています。

生産技術

工場の姿を変え、
「グローバル競争力」を高める

写真

生産ラインの自動化、省スペース化を進めて、工場の姿を変えていく。社員が働きやすく効率的な工場づくりも「生産技術」の使命です。2016年度は「設備のコスト半分・面積半分」を合言葉に、ハンダ付けの新技術を実用化し、特許を取得。この背景には、技術開発によって「世界最安値」を実現し、グローバル競争力を高めて日本のモノづくり文化を守りたいという想いがあります。海外進出と国内集中生産の両輪で世界シェアを拡大し続けるために、IoTや産学協同研究にも積極的に取り組んでいきます。

写真

浜名湖電装の信頼を守る「品質保証」

品質保証

浜名湖電装は創業以来、お客様に信頼され、ご満足いただける安全・高品質な商品を提供することを企業行動宣言の一つとし、人の命を預かる自動車部品メーカーとしての従業員一人ひとりが常に高い問題意識を持ち、品質向上に取り組んでいます。

品質保証

1品質保証体制

浜名湖電装では品質保証の体制づくりや実践教育・訓練などを通じた技術者・技能者の育成に力を入れています。

1 品質保証体制

2品質保証設備

3次元計測器による精密計測、各種分析装置による物性調査、X線透視による内部観察、振動・温度・湿度などのストレステストなど、ありとあらゆる視点から製品の品質を検証しています。

2 品質保証設備

3今後の取り組み

将来を見据えて、新分野(予防安全、省燃費など)の品質確保に必要な先進技術の確立に取り組んでいます。

3 今後の取り組み 3 今後の取り組み 試作・実験棟 2018年5月末