第43回 技能五輪国際大会において銅メダルを獲得

 第43回技能五輪国際大会(8月11日~16日、ブラジルサンパウロ市)において、当社が派遣した高山選手が工場

電気設備の競技で銅メダルを獲得しました。この大会に高山選手はデンソーグループの一員として出場し、デンソーグ

ループは過去最大となる10職種16名の選手を派遣し、日本代表は8名(「製造チームチャレンジ」、「工場電気設備」

「移動式ロボット」、「プラスティック金型」、「産業機械組立」)、海外拠点からは、タイ代表として2名(「ポリ

メカ二クス」、「CNC旋盤」)、インドネシア代表として4名(「機械製図CAD」、「CNCフライス盤」、「電工」、

「工場電気設備」)、ベトナム代表として2名(「CNCフライス盤」、「工場電気整備」)が出場しました。

 

職種

工場電気設備

出場選手

高山郁彦(たかやまふみひこ)

選手コメント

国際大会ならではのレベルの高い課題に対して、最後まであきらめずにやり切りメダルを獲得できました。

今まで支援していただきました方々に感謝致します。

今後は実務を担当していきますが、五輪生として恥じないように全力で取り組みたいと思います。

 

 髙山選手

 

 

お知らせ一覧へ戻る