• 浜名湖電装について
  • 浜名湖電装のモノづくり
  • 浜名湖電装の仕事を知る
  • 求める人物像
  • 募集要項
  • 教育制度
  • 福利厚生
  • FAQ

浜名湖電装の仕事を知る

技術2部

グローバル品質の技術力

技術2部設計1課 土井聡士 2006年入社 工学部電気電子学科卒業

世界シェアの製品を手掛ける誇りとやり甲斐。
 私は自動車部品の設計・開発に携わる部署に所属し、当社が国内トップシェアを誇るホーンの設計開発を行っています。最近では、より良い製品作りを目指し、ホーンの防水カバーの開発や音圧向上に取り組みました。この開発には3年程、時間をかけて行いましたので、実際に生産ラインに流れるようになったことは非常に嬉しく、世界中の自動車に搭載されると思うと自分の仕事に誇りを感じます。開発は、自分の思ったことを形にしていく仕事ですから、自分で考え行動できる積極性や自分で進める計画性が大事です。プレッシャーはありますが、その分、製品になったときの喜びや達成感はひとしお。実にやり甲斐のある仕事ですね。

業務経験から学んだこと

わからなかったら聞く!の姿勢が大事。
 設計開発はやり甲斐ある仕事ですが、常にうまくいくとは限りません。当然、うまくいかないことも多く、自分が開発した製品の中には、それを見ると開発時の苦労ばかりを思い出すというモノも…。試作段階で自分の狙った効果を十分に得られなかった場合は、そのたびにどう改善すべきかを検討を繰り返すのですが、当然、自分の知識や技術だけでは補えない問題もありますから、常に「わからなかったら、聞く」という姿勢を心掛けています。幸い、職場は何でも言いやすい環境で、上司も質問に対して親切に答えてくれるので、とても助かっていますよ。また品質保証部や生産技術部など他部署と関わりながら製品化していくため、コミュニケーション能力も大事ですね。

今後の展望

まずは自分自身を充実させて、よりよい製品開発を
 近年では、自動車に求められるニーズが時代と共に変化し、部品についてもさまざまな知識が必要になっています。設計開発に関わっていると、製品のすべてを知る必要があり、技術面や社会ニーズ、製品の構造、作動原理、機能、材質など、覚えることは山のようにあります。ですから、これからも向上心を忘れないで、自分の知識のレベルアップが、よりよい製品開発に繋がると信じて取り組んでいこうと思います。時にはモチベーションが下がることもあるでしょう。大事なのは、そんな時にどう切り替えていくか。私は休日にスポーツを楽しむのが趣味。オフで気持ちをリフレッシュさせて、オンタイムのさらなる充実を図っています。
  1. 浜名湖電装会社案内ホーム >
  2. 採用案内サイトホーム >
  3. 浜名湖電装の仕事を知る >
  4. 技術2部

ページの先頭へ