• 浜名湖電装について
  • 浜名湖電装のモノづくり
  • 浜名湖電装の仕事を知る
  • 求める人物像
  • 募集要項
  • 教育制度
  • 福利厚生
  • FAQ

浜名湖電装の仕事を知る

生産技術3部

さらなる効率化を探求し実践する

生産技術3部モールド生産技術2課 大橋正明 2007年入社 工学部機械工学科卒業

馴染みのあった会社の製品ラインに関わる。
 地元出身で、高校時代は浜名湖電装のグランドでサッカー部の練習をしていました。馴染みのあった会社でしたが、当時は何を製造している会社なのかも知らず…。地元での就職を希望して就活する際に、この会社の業務内容を知り、興味を持ち始めました。工学部卒なので、生産技術の仕事には特に関心が高かったですね。
 現在は生産技術部で製品の成形工程を担当。新製品の金型や設備を立ち上げ、製品が量産化されれば、設備の自動化を図るなど、製品の製造工程に関わる仕事をしています。仕事は主にグループでいくつかの製品を抱え、その中で個々にメインを担当します。仲間は上司も含め、気さくで明るい人たちばかり。仕事以外でも交流が多く、私は社内のサッカー部に所属しているのですが、他部署の方と親しくなれるのが嬉しいです。

業務経験から学んだこと

仕事は日本に限らず、時には海外にも。
 生産技術部の仕事は国内だけに留まりません。当社の海外工場はもちろんのこと、親会社の海外工場に赴くこともしばしば。私も新製品立ち上げのため、親会社が持つハンガリーの工場へ行きました。海外旅行の経験がなかったので不安はありましたが、仕事内容は日本も海外も同じ。これまで培ってきた知識を活かし、自分のできることをしっかりやろうという気持ちで取り組みました。そこで痛感したのは、コミュニケーションの大事さですね。現地では通訳を介していましたが、ジェスチャーや片言の英語を使って積極的にコミュニケーションを取れば、通じ合えることもあり、そういう姿勢がとても大事だなと思いました。

今後の展望

技術・知識を活かし、グローバルに活躍。
 当社は新しくベトナム工場を立ち上げ、さらにグローバルな成長が期待される会社です。世界シェアの製品を持ち、海外工場での生産もこれから多くなっていくことでしょう。生産技術は海外工場の生産ラインも担当しているので、自分の技術・知識を伸ばし、それを活かしながらグローバルに活躍したいと思っている人には最適な部署だと思います。社内には教育プログラムが充実していますから、仕事をしながら知識向上でき、英語の講座も開講されていますので語学に自信のない方も安心してください。
 また生産技術部では体力も大事。新製品が出る時は非常に忙しく、打ち合わせが重なったり、海外出張があったりしますから、ぜひ元気な人に来て欲しいですね!
  1. 浜名湖電装会社案内ホーム >
  2. 採用案内サイトホーム >
  3. 浜名湖電装の仕事を知る >
  4. 生産技術3部

ページの先頭へ